インデラル以外の薬

あがり症対策としてメインテート(コンコール)はインデラルの代わりになるのか

2019/05/24

僕も含めた社交不安障害持ち、または極度のあがり症の方々にとって強い味方であるインデラルが、法改正によって個人輸入が禁止されました。

当然、オオサカ堂などの個人輸入代行業者で取り扱いも中止されてしまい、お困りの方が多いようです。

僕自身はインデラルを病院で処方してもらっているので特に困るということはないのですが、心療内科に抵抗があったり、通院の時間がとれない、あるいはそもそも近所に心療内科がない、といった理由でオオサカ堂などで購入されていた方々にとっては由々しき事態となってしまいました。

そこで、現在インデラルを代替するために多く購入されているメインテートと、同じ成分のコンコールという薬について調べてみました。

インデラルとメインテート(コンコール)の違い

メインテートはインデラルと同じ「β遮断薬」です。そしてその中でもβ1選択性の薬、とされています(インデラルはβ非選択性の薬)。

なお、社交不安障害の場合、インデラルの他により効果持続時間の長い「テノーミン」という薬も処方されているようですが(実際僕も医師から勧められたことがあります)、テノーミンもβ1選択性の薬です。そしてメインテートはβ遮断薬の中でもよりβ1選択性が高いと言われています。

メインテート(コンコール)、テノーミンのβ1選択性とは

では、「β1選択性が高い」とは一体どういうことなのでしょうか。

人間の心臓には、β1受容体という交感神経が存在します。

そしてここにノルアドレナリンという神経伝達物質が結合することで、心拍数や血圧上昇が起こります。

なお、どんな人でも恐怖を感じた時や緊張状態の場合はノルアドレナリンが分泌され、多少の心拍数の上昇や血圧上昇が起こるのですが、社交不安障害、あがり症の人は何らかの理由によってこのノルアドレナリンが過剰に分泌されてしまい、その忌々しい症状である、激しい動悸やパニック発作、発汗、震えなどにつながってしまうといわれています。

そして人間にはβ1受容体のほかにβ2、β3といったものもあるのですが、β2は気管支や血管に、β3は脂肪細胞、消化管、肝臓や骨格筋などにそれぞれ存在しています。

わかりにくいので一度まとめると

  • β1…主に心臓に存在
  • β2… 気管支や血管に存在
  • β3…脂肪細胞、消化管、肝臓などに存在

となります。

そしてインデラルのようなβ非選択性の薬は、このβ1、β2、β3全ての受容体をブロックします。

喘息もちの方はインデラルを飲んではいけないとされていますが、これは気管支に存在するβ2も阻害してしまうからなのですね。

一方で主に心臓に存在するβ1にターゲットを絞ったのがβ1選択性をもつテノーミンやメインテート(コンコール)、ということのようです。

心療内科でもメインテートは処方されている

この記事を書くにあたっていろいろと調べたのですが、実際にパニック障害の方や動悸が激しい方向けにメインテートは処方されているようです。

細かな違いはあるにしろ、同じβ遮断薬ですし作用機序を調べてみても、テノーミンやインデラルのような震えや動悸を抑える効果は見込める薬のようです。

ただ、僕自身、他の記事でも書いていますが、社交不安障害やあがり症による震え・動悸には本当に悩まされてきた人生だったので、あなたの辛さは痛いほど分かるつもりですが、もしもあなたがまだ一度も専門家に診てもらったことがないのであれば、やはり一度勇気をだして診てもらうのが一番だと思います。

その上でお薬についても相談すればいいのです。

そもそもその辛い症状が本当に社交不安障害やただのあがり症なのかも診断を受けてみないとはっきりしませんし、インデラル同様、基本的には血圧や心臓の薬なので、当然副作用や禁忌もありますしね。

以上となりますが、メインテート(コンコール)を実際に飲んだ方のレビューなど、もっと詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

オオサカ堂でメインテートの詳細を見る

 

オオサカ堂でコンコールの詳細を見る

 

*ここ数ヶ月間はメインテート、コンコール共にインデラルの規制による人気沸騰のためか、入荷されてはすぐに在庫が切れる、ということを繰り返しています。

5/24現在、オオサカ堂にてメインテート、コンコールともに在庫があるようです。

オオサカ堂でメインテートの詳細を見る

 

オオサカ堂でコンコールの詳細を見る

 

なお、オオサカ堂さんで売り切れの場合でも、同じく老舗大手の「くすりエクスプレスさん」「ベストケンコー」さんには在庫がある場合があります。
興味のある方は↓のリンクよりどうぞ

>>くすりエクスプレスのメインテート5mgの情報はこちらから<<

>>ベストケンコーのコンコール5mg(メインテート)の情報はこちらから<<

4/24現在、「あんしん通販マート」でメインテートのジェネリックである「ビセレクト」の在庫があるようです。
詳細は↓から。

ビセレクト10mg(メインテートジェネリック)2シートセット

あがり症を28日で克服する方法

もしあなたが、

人前であがってしまう…
会議で発言できない…

などあがり症でお悩みであれば、自宅で簡単にあがり症を改善できる効果抜群の方法があります。

なんと、たった28日間であがり症を克服する画期的な方法なのです。

【NHKに出演!金井式あがり症教材】65,089人が成功したプロが伝授するあがり症改善法(極秘セミナーDVD付き)


この方法は、実績も素晴らしいです。

なぜなら、過去36年間に65089人ものあがり症を改善させてきたノウハウだからです。

しかも、このノウハウの開発者は、NHKや日経新聞などメディアにも多数出演する話し方のベストセラー作家なので、信頼度も抜群です。

「信用できることはわかった。
 でも実際やるとなると難しいんじゃない?」

そう思われるかもしれませんが、ご安心ください。

この方法はいたって簡単。

あなたが行うのは、たった28日間、
次の4つのステップを行うだけ。

(ステップ1)あがる原因を突き止める

(ステップ2)その原因にあわせた効果的な方法を実践する.

(ステップ3)どんどん自分に自信がつく

(ステップ4)恐怖心が消え、大勢の前でも堂々と話せるようになる!

たったこの4つのステップを行うだけで、あがり症の悩みが根本的に解決できてしまうのです。

これならあなたでもできると思いませんか?
【NHKに出演!金井式あがり症教材】65,089人が成功したプロが伝授するあがり症改善法(極秘セミナーDVD付き)


このように、やるのも簡単、効果も抜群の方法を知れば、、あなたも、28日後に人前で堂々と話せる幸せな人生を手に入れることができます。

この方法を使い、今すぐあがり症を克服したい方は、迷わず下記をご覧ください。

【NHKに出演!金井式あがり症教材】65,089人が成功したプロが伝授するあがり症改善法(極秘セミナーDVD付き)

2019年からのあなたは、驚くほど自信に満ち溢れて、自分から人前で話したいと思えるほど、性格が一変していることでしょう。

-インデラル以外の薬