インデラルについて

インデラルの副作用や飲み合わせについて

2019/04/24

インデラルを紹介した記事でも触れていますが、インデラルは医薬品ですので、当然副作用があります。

また、飲み合わせの悪い薬なども結構あるので、インデラル服用の際にはこれらに注意するようにしてください。

この記事では、そんなインデラルの副作用と飲み合わせのよくない薬について、より詳しく紹介していきたいと思っています。

インデラルの副作用

  • 飲み始めに、体がだるくなったり、めまいを感じることがある。
  • 徐脈(脈が弱くなること)
  • 心不全(特に高齢の方)
  • 喘息発作の誘発

元々循環器系の薬ということもあって、比較的重い症状が並んでいますね。

これらの副作用が出ることは稀のようですが、十分に注意をして、もしも上記以外にも体に異常を感じた場合は一刻も早く病院に行ってください。

特に元々心不全や喘息、レイノー症状のある方には禁忌(飲んではいけない)となっているので気をつけてください。

また、めったにないようですが他に重い副作用として、

  • めまいや失神
  • 発熱や喉の痛み
  • 口内炎
  • 皮下出血
  • 鼻血や歯肉出血

など、血液成分の異常が報告されています。

その他、

  • 倦怠感、ふらつき
  • 低血圧
  • 冷え、しびれ
  • 目がゴロゴロしたり、しょぼつく
  • 抑うつ、眠気、不眠、悪夢、幻覚

などが副作用として出てしまう方もいるそうです。

もちろんこれらインデラルの副作用については過小評価すべきものではないのですが、インデラルに限らずあらゆる薬には副作用というリスクがつきものです。

試しにもし胃薬でも風邪薬でもよいので、何かお薬をお持ちであれば、その添付文書を読んでみてください。副作用や注意事項がいろいろと書いてあるはずです。

もう50年以上広く使われている薬ですし、医師の診断の上服用するのであれば決して危険なものではないと思うので、まずは医師に相談してみてください。

インデラルの通販での購入についての記事を書いていますが、どうしても病院に行く時間がなかったり、行けない理由がある方以外は病院で先生に相談してみましょう。

インデラルと一緒に飲んではいけない薬

インデラルには飲み合わせのよくない薬があります。

代表的なものは下記のようなものです。

片頭痛治療薬、リザトリプタン(マクサルト)

インデラルは偏頭痛の治療にも使われるため、意外なのですが、この薬を服用中だったり、服用を止めてから24時間以内にリザトリプタン(マクサルト)を飲んではいけません。リザトリプタンの作用が増強するおそれがあるためです。

インデラルと同系のβ遮断薬を含有する点眼薬(目薬)

これも意外なのですが、緑内障などに用いる点眼薬(目薬)にも注意をしてください。これらはインデラルと同様のβ遮断薬成分を含んでいる場合があり、目から成分が吸収され、作用や副作用を強める可能性があるからです。

ただ、医師の判断の下、量などを調整することで併用することは可能なようです。自分で判断をすることは危険なのでやめましょう。

禁煙薬チャンピックス

禁煙外来で処方される、禁煙のための薬、チャンピックスも注意をしなければならない薬です。
禁煙または喫煙の再開により、インデラルの代謝に影響し、血中濃度が変動するおそれがあるからです。

その他

上で挙げた薬のほかにも、インデラルと飲み合わせのよくない薬があります。
例えば高血圧の薬のジルチアゼム(ヘルベッサー)やベラパミル(ワソラン)、また、心臓の薬のジギタリス薬や抗不整脈薬、多発性硬化症治療薬のフィンゴリモド(イムセラ)などは、徐脈となってしまう可能性があるために注意する必要があります。

ほかにも、抗血栓薬のワルファリン(ワーファリン)、結核の薬のリファンピシン(リファジン)、胃の薬のシメチジン(タガメット)など、相互作用の可能性のある薬剤がいくつかあります。

まとめ

以上、インデラルの副作用や飲み合わせの悪い薬についてまとめてみました。

インデラルは古い薬ということもあって、いろいろと注意しなければならない点が多いですが、同時に、僕のような緊張症・あがり症で、いつも手の震えに困っていた人間にとっては、神様のような薬でもあります。

僕個人としては可能な限り医師の処方の下で服用すべきだとは思いますが、どうしても忙しくて時間がなかったり、急いでいる方は下記のリンクをクリックして、オオサカ堂のインデラルのレビューをご参考に、自己責任で購入してみてください。

>>緊張やあがり症(上がり症)、手の震えに効果のあるインデラル(Inderal)の詳細やレビューはこちらから<<

注意:インデラルは法改正により購入することできなくなりました。代わりに、メインテートコンコールという薬で代用されている方が多いようです

【追記】*ここ数ヶ月間はメインテート、コンコール共にインデラルの規制による人気沸騰のためか、入荷されてはすぐに在庫が切れる、ということを繰り返しています。

なお、オオサカ堂さんで売り切れの場合でも、同じく老舗大手の「くすりエクスプレスさん」「ベストケンコー」さんには在庫がある場合があります。

興味のある方は↓のリンクよりどうぞ

>>くすりエクスプレスのメインテート5mgの情報はこちらから<<

>>ベストケンコーのコンコール5mg(メインテート)の情報はこちらから<<

4/24現在、「あんしん通販マート」でメインテートのジェネリックである「ビセレクト」の在庫があるようです。詳細は↓から。

ビセレクト10mg(メインテートジェネリック)2シートセット

あがり症対策としてメインテート(コンコール)はインデラルの代わりになるのか

あがり症を28日で克服する方法

もしあなたが、

人前であがってしまう…
会議で発言できない…

などあがり症でお悩みであれば、自宅で簡単にあがり症を改善できる効果抜群の方法があります。

なんと、たった28日間であがり症を克服する画期的な方法なのです。

【NHKに出演!金井式あがり症教材】65,089人が成功したプロが伝授するあがり症改善法(極秘セミナーDVD付き)


この方法は、実績も素晴らしいです。

なぜなら、過去36年間に65089人ものあがり症を改善させてきたノウハウだからです。

しかも、このノウハウの開発者は、NHKや日経新聞などメディアにも多数出演する話し方のベストセラー作家なので、信頼度も抜群です。

「信用できることはわかった。
 でも実際やるとなると難しいんじゃない?」

そう思われるかもしれませんが、ご安心ください。

この方法はいたって簡単。

あなたが行うのは、たった28日間、
次の4つのステップを行うだけ。

(ステップ1)あがる原因を突き止める

(ステップ2)その原因にあわせた効果的な方法を実践する.

(ステップ3)どんどん自分に自信がつく

(ステップ4)恐怖心が消え、大勢の前でも堂々と話せるようになる!

たったこの4つのステップを行うだけで、あがり症の悩みが根本的に解決できてしまうのです。

これならあなたでもできると思いませんか?
【NHKに出演!金井式あがり症教材】65,089人が成功したプロが伝授するあがり症改善法(極秘セミナーDVD付き)


このように、やるのも簡単、効果も抜群の方法を知れば、、あなたも、28日後に人前で堂々と話せる幸せな人生を手に入れることができます。

この方法を使い、今すぐあがり症を克服したい方は、迷わず下記をご覧ください。

【NHKに出演!金井式あがり症教材】65,089人が成功したプロが伝授するあがり症改善法(極秘セミナーDVD付き)

2019年からのあなたは、驚くほど自信に満ち溢れて、自分から人前で話したいと思えるほど、性格が一変していることでしょう。

-インデラルについて